第17回(2020年度)研究会

研究会は終了いたしました。

たくさんのご参加をいただき、誠にありがとうございました。

日本の義務教育は誰のため?

-夜間中学の現状から考えるー

 

日時:2021 年 3 月 21 日(日) 午後1時30分~3時30分

参加費:1,000円

開催形態:オンライン(Zoom会議システム)

定員:300人(先着順)

お申し込み・お支払いは下記のPeatix ウェブサイトよりお願いします。 https://tabunkanihongo2020event.peatix.com

 

 

■講師:前川喜平(まえかわ きへい)氏

 (現代教育行政研究会代表、元 文部科学事務次官)

1955年奈良県生まれ。1979年東京大学法学部卒業、文部省に入省。大臣官房長、初等中等教育局長などを経て、2016 年文部科学事務次官。2017年退官。現在、現代教育行政研究会代表、日本大学文理学部非常勤講師。福島市と厚木市で自主夜間中学のスタッフも務める。著書に『面従腹背』毎日新聞出版、『前川喜平教育のなかのマイノリティを語る』(対談集)明石書店、『前川喜平が語る、考える』(対談集)本の泉社などがある。

 

■ファシリテーター:野山 広(のやま ひろし)氏

 ((一社)多文化社会専門職機構代表理事・基礎教育保障学会副会長)

 

主催:多文化共生社会における日本語教育研究会

お問い合わせ: tabunkanihongo2020[at]gmail.com  *[at]をアットマークに

       (担当幹事:布尾勝一郎・櫻井千穂・嶽肩志江)

 


本研究会は,多文化共生社会の実現のために特に日本語教育分野から積極的な貢献を行うことを目的として,2006年に日本語教育学会のテーマ別研究会として設立されました。成人および年少者に対する日本語教育を多角的かつ総合的に研究,考察し,多文化共生社会における日本語教育のあり方や,日本社会の外国人受け入れ体制の整備などについて議論を行っています。>> 詳細はこちら